調剤薬局と考える花粉症の季節には、つらい症状に悩まされますね。花粉症についての情報サイト

一次症状・二次症状

花粉症の一次症状としては、くしゃみ、鼻水、目の痒みで一般的に花粉症の3大症状といわれています。鼻の症状としては、鼻づまりなどです。花粉をくしゃみで吹き飛ばし、鼻水で洗い流し、鼻づまりで侵入を防ぐ、というヒトの花粉に対する防御反応です。目の症状としては痒くなったり、充血や涙目になったり、まぶたが腫れたりという症状があります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

この場合も、痒くなることで目をこするようにして(花粉を)取る、涙で流す、腫れることで花粉の侵入を防ぐという防御反応です。時に全身症状として、微熱、頭痛、倦怠感を示します。

 

その後、二次症状として、鼻づまりにより、口呼吸を行うため喉の障害が起こる、咳、痰が出る、低頻度だが、喘息ににた症状が出る、  喘息患者は発作を引き起こす、目の異物感や涙目、目やにが出現する、コンタクトの方は、結膜炎などを引き起こす、耳の奥に痒みが出る、頭痛や頭重感、微熱やだるさなどの全身症状、ニセアカシアなどからくる花粉症では症状が重い、口などから体内に入ることで、消化器に症状が出る、花粉症皮膚炎を併発する、目の周りや目の下、首などに炎症が出る、かぶれ、などが起こります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

花粉の種類と量により、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。 心理的影響として、睡眠不足、集中力欠如、イライラ感、食欲不振なども起こることもあります。

 

薬局