調剤薬局と考える樹木類の花粉:花粉症についての情報サイト

樹木類の花粉

樹木類の花粉は、木自身が背高のため風向きや強さによって花粉が遠方まで運ばれます。




代表的な植物は、スギ・ヒノキになります。この2種類以外でも、ハンノキ・コナラといった樹木も花粉症を引き起こす原因となる植物です。



薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。


・スギ(2月〜4月上旬頃、山などに広く分布しています。花粉症の最も原因となる植物です。高木なので、風に乗って遠方まで飛散します。)


・ヒノキ(3月下旬〜4月下旬頃、スギと同様に山などに広く分布しています。スギ花粉が観察されなくなる前後から、多く観察されます。)

薬局