調剤薬局と考える花粉症の季節には、つらい症状に悩まされますね。花粉症についての情報サイト

花粉症の原因となる植物

花粉症の原因となる植物はスギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなど約40種類といわれます。原因植物は大きく樹木と草花に分けられます。花粉は日本列島の南方で2月上旬から飛散しはじめ、次第に北上して4月の下旬まで続きます。夏から秋にかけては、全国でブタクサやヨモギが飛散します。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

樹木類の花粉は、木自身が背高のため風向きや強さによって花粉が遠方まで運ばれます。代表的な植物は、スギ・ヒノキになります。この2種類以外でも、ハンノキ・コナラといった樹木も花粉症を引き起こす原因となる植物です。
・スギ(2月〜4月上旬頃、山などに広く分布しています。花粉症の最も原因となる植物です。高木なので、風に乗って遠方まで飛散します。)

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

・ヒノキ(3月下旬〜4月下旬頃、スギと同様に山などに広く分布しています。スギ花粉が観察されなくなる前後から、多く観察されます。)
草花類は、成長するものでも最大3m程度なので、風によって遠くまで運ばれることはありません。代表的な草花類の花粉にブタクサ、イネ科植物などが代表です。
・ブタクサ(9月〜10月中旬頃、河原・土手沿いなどにみられます。キク科ブタクサ属には、ブタクサとオオブタクサがあり、後者は3m程度まで成長します。)
・イネ科(5月〜10月中旬頃、道ばた、畦などにみられます。あまり背高にはなりませんが、イネ科は長期間にわたり飛散が観測されます。)

 

調剤薬局