調剤薬局と考える花粉症の季節には、つらい症状に悩まされますね。花粉症についての情報サイト

花粉症の治療法@投薬療法

抗ヒスタミン薬は花粉症でよくみられる、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒みといった、既に出てしまったアレルギー症状を緩和するためによく用いられている薬です。 抗ヒスタミン薬はヒスタミンの作用を抑え、脳からくしゃみ・鼻水を出す命令を出させなくする薬で、くしゃみ・鼻水・かゆみがひどい時によく服用されていますが、重度の症状にはあまり効果がありません。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

抗ヒスタミン薬は飲んで数時間以内に効果がある第一次抗ヒスタミン薬と、飲んで数日から1週間以上服用して効果がある第二次抗ヒスタミン薬に分けられます。第一次抗ヒスタミン薬は薬局(薬剤師が在住している薬局)などで購入できますが、第二次抗ヒスタミン薬は医師の処方箋が必要となります。 抗ヒスタミン薬は中枢神経に作用するため、眠気・だるさ・めまい・口渇・下痢・便秘などの副作用がでることがあるので、車の運転、細かい作業をする方は注意が必要です。また抗ヒスタミン薬はアルコールと一緒に服用すると、薬の効果が強く現われることがあるので、お酒と一緒に服用することは避けたほうが良いでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

身近なところでは、さまざまな市販薬(かぜ薬・アレルギー治療薬・乗り物酔いの薬・睡眠補助薬)にも抗ヒスタミン薬が入っています。抗ヒスタミン薬の種類により副作用も違ってきますので、薬局などで購入するときは有効成分を確認するか、薬剤師に相談してから購入しましょう。

 

薬局