調剤薬局と考える花粉症の季節には、つらい症状に悩まされますね。花粉症についての情報サイト

花粉症の対症療法について

一般に花粉症の各症状を抑えることが目的のものは対症療法と呼んでいます。花粉症そのものの治癒を目指すものは根治療法と呼んでいます。対症療法としては、点眼薬、点鼻薬による局所療法、内服薬などによる全身療法が主です。重症度に応じて単独、あるいは併用で行います。 投与期における分類として、症状が出る前から予防的に薬を服用するなどのことを初期治療または予防、季節前投与と呼んでいます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

症状が出てからも比較的コントロールできている状態に維持すること保存的治療または維持療法などと言ったりします。 初期治療を受け、花粉が飛散する前から薬の内服などをすると症状が出にくく、出ても軽くすむことは実証されています。スギ花粉症のシーズン前には飛散開始時期の予測が出されるので、それを目安に2週間程度前に受診し、適切な薬の処方を受けて使用をはじめるとよいです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

薬の処方を受けるなど医療機関における治療(メディカルケア)とは別に、患者自身が生活上でさまざまなことに気をつけると発症を遅らせることができたり、軽く抑えることができます。こうした患者自身ができる対策をセルフケアと呼びます。多くはアレルゲンの回避と除去が目的であって、考え方によってはもっとも重要な治療といえるでしょう。薬局・薬店において市販薬を購入して使用するのはセルフメディケーションというメディカルケアになり、かつセルフケアでもあるとも言えるのです。

 

薬剤師 転職