調剤薬局と考える花粉症の季節には、つらい症状に悩まされますね。花粉症についての情報サイト

効果的な漢方薬について

漢方薬は何ヵ月も飲み続けなければ効き目が現れない、と思っている人も多いようですが、漢方薬にも長期的に使って体質改善をするものと、症状だけを改善する対症療法的なものがあります。また体質と症状にぴったり合ったものを専門家に選んでもらえば、遅くとも1週間以内には効き目が現れるといいます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

花粉症の治療薬として、もっともポピュラーなのが「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」で、涙目、くしゃみ、水っぽい鼻水、水っぽいたん、鼻づまりなどの症状を改善させます。体を温め、乾燥させる効果があるので、冷え体質の人に向いている薬といえるでしょう。 逆に、体が熱っぽく、目、鼻、のどの粘膜が赤くはれ、鼻水も黄色く粘ついているタイプには「天津感冒片(てんしんかんぼうへん)」などが向いています。他に、「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」(のぼせや体のほてりやすい人の体や目のかゆみ、充血などに使用されます。)「麻黄湯(まおうとう)」(寒けが強く体力のある人や子供のカゼの初期に使う場合が多く、花粉症のアレルギー性鼻炎でも鼻づまりの時に効果的な場合があります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

作用が強い方なので屯服的に使用し、長期連用には適しません。)などがあります。体質や症状は、そのときどきで変わるので、薬を一度に大量に買い込まず、そのつど、専門家に相談するとよいでしょう。

 

薬剤師 就職